妊娠線を消す方法!自分にあった方法を探して見て!

妊娠線を消す方法!自分にあった方法を探して見て!

妊娠線を消す方法の選び方は、妊娠線の濃さ・予算・リスクによって変わってきます。

例えば妊娠線が濃い人で、次のような考えを持つ人がいるとします。

  1. 「高額な出費やリスクは覚悟できているから、妊娠線を完全に消したい。」
  2. 「安くてリスクの少ない方法を取りたいから、妊娠線が薄くなる程度でいい。」

①の人と②の人とでは、妊娠線を消す方法の選択肢は全然違います。

  • どれだけ予算をかけられるか
  • どれだけリスクを覚悟できるか
  • 妊娠線を完全にしたいか薄くなる程度で妥協できるか

上記のようなことを考えながら、妊娠線を消す最善の方法を見つけられると良いですね。

スポンサードリンク

スキンケアで妊娠線を消す方法

妊娠線を消す方法として、多数派の人が考えるのが「スキンケア」でしょう。

  • 高額なお金をかけられない
  • 痛みやリスクは避けたい
  • 妊娠中や授乳中も何かしたい

スキンケアで妊娠線を消す方法は、このような人におすすめの方法です。

それで、妊娠線を消すスキンケアの方法には、「保湿化粧品を使う」「妊娠線専用クリームを使う」の2種類の方法があります。

では、これらの方法について、具体的に見ていきましょう。

保湿化粧品を使う

スキンケアで妊娠線を消す方法の中でも、身近なアイテムを有効活用できるのが「保湿化粧品を使う方法」です。

具体的には、次のような保湿化粧品が使えます。

  • 化粧水
  • 乳液
  • 保湿クリーム
  • 美容液

通常顔に使用する保湿化粧品を、妊娠線のケアに使う人も多いです。

確かに、身近なアイテムを有効活用すれば、新しいアイテムを揃えるよりも安く済みます。

ただ、保湿化粧品は保湿に重点が置かれていても、妊娠線を消すことに重点が置かれている訳ではありません。

  • 保湿以外の美容効果が期待できる保湿化粧品を持っている
  • 妊娠線の予防対策をしたい
  • かなり薄い妊娠線をケアしたい

これらに該当するのであれば、保湿化粧品を使うのも良しとしましょう。

でも、濃い妊娠線を消す確実な方法を探しているなら、保湿化粧品よりももっと良い方法がありますよ。

妊娠線専用クリームを使う

スキンケアで妊娠線を消す方法の中でも、確実性の高いのが「妊娠線専用クリームを使う方法」です。

妊娠線専用クリームを新しく用意する場合、相場で3,000円前後、高額なもので1万円近くの出費は避けられません。

でも、妊娠線専用クリームを使うことには、次のようなメリットがあるんです。

  • 低刺激で妊娠中や授乳中も安心して使えるものが多い
  • 妊娠線の予防からアフターケアまで長く使えるものもある
  • 肌のターンオーバー促進に重点が置かれている

まず、妊娠線を消す方法を実践するとしたら、妊娠中~産後1年までがもっとも頑張り時ではないでしょうか。

だからこそ、低刺激で赤ちゃんへの影響が少ないことは必須条件です。

妊娠線専用クリームなら妊娠中や授乳中のケア、予防からアフターケアまで長期的なケアを想定して作られているので安心です。

それから、妊娠線を消すためには保湿だけでなく、肌のターンオーバー(再生力)を高めることも大切です。

妊娠中から産後1年くらいまではホルモンバランスの関係で、肌のバランスが乱れやすくなります。

妊娠線専用クリームなら肌のターンオーバーを整えながら、妊娠線の改善を目指すことができます。

スポンサードリンク

生活習慣や食生活で妊娠線を消す方法

妊娠線を消す方法として、もっともお金がかからないのが「生活習慣や食生活の改善」です。

妊娠中はつわりによる体調不良、産後は慣れない育児で生活が乱れることがあります。

こんな時こそ、「体やお肌のバランスの乱れ」を感じることはありませんか。

そこで、妊娠線を消すために頑張ってみたい生活改善が、「肌に良い栄養を摂る」「十分な睡眠を取る」「スロートレーニングをする」の3つです。

生活改善で妊娠線が完全に消える訳ではないのですが、健康的な生活は肌の基礎作りに欠かせません。

ぜひできることから頑張ってみてください。

肌に良い栄養を摂る

生活改善で妊娠線を消す方法として、もっとも頑張ってみたいのが「肌に良い栄養を摂ること」です。

肌に良い栄養には、次のようなものがあります。

  • タンパク質⇒皮膚の材料、免疫力向上、コラーゲンの構成成分
  • ビタミンA⇒皮膚や粘膜を保護、肌の健康を維持
  • ビタミンC⇒細胞の健康を維持、コラーゲンの生成促進、肌の老化を予防
  • ビタミンE⇒血行促進、肌の老化を予防

さらに、それぞれの栄養が多く含まれている食品には、次のようなものがあります。

  • タンパク質⇒肉や魚、卵、乳製品、大豆食品など
  • ビタミンA⇒ニンジン、モロヘイヤ、ほうれん草、しそ、海藻類など
  • ビタミンC⇒ピーマン、ブロッコリー、柑橘系の果物、アセロラ、パセリなど
  • ビタミンE⇒大豆、ナッツ類、緑茶、植物油など

栄養計算が苦手な人はタンパク質やビタミンの多い食品を、意識的に摂取するところから始めてみましょう。

十分な睡眠を取る

生活改善で妊娠線を消す方法として、「十分な睡眠を取ること」も大切です。

肌の修復力が最大限に発揮される時間帯(肌のゴールデンタイム)は、夜22時~翌朝2時までの間と言われています。

とは言っても、毎日肌のゴールデンタイムに寝て、規則正しい生活を送れているママさんは結構少ないですよ。

好き好んで昼夜逆転の生活をしたり、育児で忙しくて寝る時間が削れたりする人の方が圧倒的に多いです。

睡眠を意識しすぎるのもストレスになりそうですし、まずはこんな睡眠が取れれば十分でしょう。

  • 赤ちゃんが寝ている時に寝てしまう
  • 自分にとって心地良い生活リズムを続ける

起きた時の体のスッキリ感を目安に、自分にとって最善の生活リズム・睡眠時間を設定すれば問題ないでしょう。

スロートレーニングをする

生活改善で妊娠線を消す方法に、「スロートレーニングをする方法」もあります。

「スロートレーニング=ゆっくりめのトレーニング」です。

そもそも、私たちの肌は「(表面)表皮⇒真皮⇒皮下組織(深部)」の順に積み重なっていて、深部に行くほど肌の柔軟性が低くなっています。

妊娠線は真皮や皮下組織が表皮の急激な伸びに追いつけず裂けてできるもので、もっともダメージを受けているのは真皮です。

なので、スロートレーニングで「成長ホルモン」を増やして、真皮を中心に代謝、肌の修復力を高めるのです。

ストートレーニングの方法は、「軽い負荷をかける+時間をかけて筋肉を刺激する」です。

例えば「肩回し」なら通常の倍の時間をかけて、ゆっくり腕を後ろや前に回します。

この時に使う筋肉もしっかり意識すると、たっぷり筋肉を刺激できます。

ただ、妊娠中から産後数ヶ月までは、無理をしないように気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

美容クリニックで妊娠線を消す方法

妊娠線を消す方法の中でも、もっとも確実性の高い方法は「美容クリニックで治療する方法」です。

ルックスが売り物の芸能人、美容意識がプロレベルの人など、美容のために時間とお金を惜しまない人にピッタリの方法です。

それで、美容クリニックの治療には、「塗り薬」「ダーマローラー」「レーザー治療」「手術」などがあります。

  • 塗り薬⇒1万円くらい
  • ダーマローラー⇒1回5万円くらい
  • レーザー治療⇒1回10万円くらい
  • 手術⇒150万円前後

費用は美容クリニックによってだいぶ違いますが、相場は上記のようになります。

では、美容クリニックで妊娠線を消す方法の中でも、代表的な4つの方法を紹介しましょう。

塗り薬を処方してもらう

美容クリニックで妊娠線を消す方法の中でもっとも安く済むのが、「塗り薬を処方してもらう方法」です。

塗り薬で広く使われているものと言えば、「シルダーム」があります。

臨床試験で効果が認められている成分に、次の2種類があります。

  • ダルトシド
  • レジストリル

これらの成分が配置の乱れたコラーゲンの隙間に入り込み、コラーゲンの配置を規則的になるように導いてくれます。

モニター調査では、2ヶ月以内に妊娠線が改善した人が多く見られたようです。

ダーマローラーを受ける

塗り薬よりも高い効果を期待するなら、「ダーマローラー」がおすすめです。

ダーマローラーはステンレス製のローラーで、表面に1㎜ほどの細かい針が200本も付いています。

・皮膚の角質・真皮に微細な穴を空ける

・皮膚の細胞から成長因子が分泌される

・繊維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促進する

・毛細血管の働きが活発になって血行が良くなる

・血液と一緒に栄養や酸素が繊維芽細胞に届けられる

・ますますコラーゲンの分泌が増える

ダーマローラーはこのような流れで成長因子の分泌を増やし、肌の内側・外側の両方から修復力を高めていきます。

1回だけの治療で済む方もいるのですが、3回・6回など複数回の治療を受ける方もいます。

レーザー治療を受ける

美容クリニックで妊娠線を消す方法として、「レーザー治療」も人気があります。

・皮膚にレーザー光を照射

・皮膚に微細な穴を空ける

・真皮や皮下組織の修復力を促す

仕組みはダーマローラーとよく似ていますが、レーザー治療には色々な機能が備わっています。

なので、妊娠線と同時にシワやシミ、たるみ、毛穴など、他の肌トラブルも同時にケアしたい人におすすめです。

肉割れを消すレーザー治療のメリット・デメリット

手術を受ける

美容クリニックで妊娠線を消す方法の中で、もっとも覚悟が必要なのが「手術」ですよね。

余分な肉を切り取って縫い合わせる手術なので、妊娠線のある皮膚ごと消すことができます。

ただ、手術する場合に注意しなければならないのが、手術の傷跡が残ってしまう可能性があることです。

  • 手術の傷跡はどうしても残ってしまうものなのか
  • 痛みやリスクはどうか
  • 入院の必要はないか

このようなことを医師に確認した上で、慎重に判断した方が良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

妊娠線を消す方法には、「スキンケア」「生活習慣や食生活の改善」「美容クリニックに通う」などがあります。

「自分にあった方法は何だろう?」と思ったら、次のような選び方を参考にしてみてください。

  • 全くお金をかけない⇒保湿化粧品を使う、生活習慣や食生活の改善
  • ホームケアで最大限の効果を出したい⇒妊娠線専用クリームを使う
  • 高額な出費やリスクがあっても妊娠線を消したい⇒美容クリニックに通う

特にホームケアの場合は、生活習慣や食生活を改善しながら、妊娠線専用クリームを使ってみるのもおすすめです。

「スキなし女子」をキーワードに開発された話題のオールインワンクリーム!

・予防もアフターケアにも使用可能なクリーム
・急な体型の変化で肉割れができてしまった
・肌のボコボコ感、引っ掛かりが気になる
・保湿ケアはいろいろと試したけれど満足できていない
・腕や脚を隠すファッションばかりで周りの目が気になる
・全身に使用できる無添加+低刺激処方
・お手入れが難しい部位でも自宅で塗るだけケアが可能

「スキなし女子」をキーワードに開発された肉割れケア商品。
気になる、肉割れや妊娠線にご使用いただけるボディクリームです。
オールインワンクリームなので全身で使用が可能です。

・雑誌掲載+アットコスメでの高評価など

・180日間の満足度返金保証付き
今なら初回限定特別価格!
通常価格6.800円(税別)→1.800円(税別)

ぜひこのタイミングで試してみて下さい!!

スポンサードリンク

肉割れ消すカテゴリの最新記事