妊娠線とセルライトの違いは?違う肌トラブルと言うことは、ケアの方法も異なります。

妊娠線とセルライトの違いは?違う肌トラブルと言うことは、ケアの方法も異なります。

妊娠線とセルライトの違いを聞かれたら、正しく説明できますか。

 

どちらもデコボコしているところは似ているのですが、2つの肌トラブルにはたくさんの違いがあるのです。

 

もちろん、違う肌トラブルと言うことは、ケアの方法も異なります。

 

なので、この機会に妊娠線とセルライトの違いを詳しく知って、両者の判別に役立てられると良いですね。

 

では、妊娠線とセルライトの違いと一緒に、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

妊娠線にはどんな特徴がある?

妊娠線とセルライトの違いは、妊娠線の特徴を挙げてみるとよく分かります。

 

妊娠線の特徴は、「皮膚深部の断裂で痒みや痛みがあること」「体積の大きい場所にできやすいこと」「保湿性を重視したケアが必要であること」などです。

 

今気になっているトラブルがこれらの特徴全てに当てはまっていれば、妊娠線である可能性大です。

 

では、妊娠線の特徴について、順番に詳しく説明しましょう。

 

皮膚深部の断裂で痒みや痛みがある

妊娠線の特徴と言えば、まずは「皮膚深部の断裂で痒みや痛みがあること」が挙げられます。

 

妊娠中に赤ちゃんの急成長でお腹が大きくなったり、急激な体重増加で脂肪がたくさん付いたりすると、皮膚内部の体積が一気に増えます。

 

すると、皮膚も内部の体積に合わせて伸びるのですが、皮膚の伸びる範囲には限界があります。

 

皮膚が限界まで伸びると、硬い皮膚深部の真皮や皮下組織を中心に断裂を起こすことがあります。

 

これが妊娠線の正体で、人によっては痒みや痛みを感じることもあります。

 

体積の大きい場所にできやすい

妊娠線の特徴と言えば、「体積の大きい場所にできやすいこと」も挙げられます。

 

赤ちゃんのいるお腹はもちろん、胸・お尻・背中・太もも・二の腕などにも妊娠線ができることがあります。

 

このような場所は赤ちゃんや脂肪で、急激に体積が変わりやすいので注意が必要です。

 

保湿性を重視したケアが必要

「保湿性を重視したケアが必要であること」も、妊娠線の大きな特徴です。

 

妊娠線は皮膚が伸びる時にできるものなので、次のような柔軟性に乏しい皮膚にできやすいです。

 

・乾燥肌

・ハリの少ない肌

・硬くてかさついた肌

 

妊娠前に良い肌質だった方でも妊娠中は、ホルモンバランスの変化で肌質が変わることもあります。

 

また、肌の表面は潤っていても、皮膚深部(真皮や皮下組織)は乾燥して硬いこともあります。

 

と言う訳で、妊娠線対策では皮膚の深部にもアプローチできるような、浸透性にこだわった保湿ケアがポイントとなります。

 

スポンサードリンク

セルライトにはどんな特徴がある?

妊娠線に特徴があるように、セルライトにも特徴があります。

 

セルライトの特徴は、「脂肪の固まりで手で掴むとデコボコが目立つこと」「皮下脂肪が付きやすい場所にできやすいこと」「血行を促すケアが必要であること」などです。

 

今気になっているトラブルがこれらの特徴全てに当てはまっていれば、セルライトである可能性大です。

 

では、セルライトの特徴について、順番に詳しく説明しましょう。

 

脂肪の固まりで手で掴むとデコボコが目立つ

セルライトの特徴と言えば、まずは「脂肪の固まりで手で掴むとデコボコが目立つこと」が挙げられます。

 

セルライトは「脂肪の固まり」と述べましたが、もっと正確な言い方をすると「脂肪細胞が肥大化したもの」です。

 

それで、セルライトの中身は、主に次のようなものです。

 

・脂肪

・水分

・老廃物

 

単なる脂肪でないだけに落ちにくいですし、重症化するほどデコボコも目立ちます。

 

初期で分かりにくい場合は脂肪を手で掴んで、若干捻ってみるとデコボコがよく分かります。

 

皮下脂肪が付きやすい場所にできやすい

セルライトの特徴と言えば、「皮下脂肪が付きやすい場所にできやすいこと」も挙げられます。

 

セルライトができる場所は妊娠線ができる場所と似ていて、お腹・背中・お尻・二の腕・太もも・ふくらはぎなどです。

 

特に手で触れて「冷たい」と感じる部分、むくみやすい部分はセルライトができやすいです。

 

血行を促すケアが必要

「血行を促すケアが必要であること」も、セルライトの大きな特徴です。

 

血液は栄養や酸素、水分、老廃物などを運搬する役割を果たしていて、血行不良になると血液と一緒に栄養や酸素、水分、老廃物などの循環も悪くなります。

 

そして、余分な水分や老廃物が、体内に蓄積しやすくなります。

 

体内の循環を良くしてセルライトを改善するためには、マッサージや有酸素運動などの血行を促すケアが効果的です。

 

安定期になると体型が変わりやすいですし、つわりの症状が落ち着いたら少しずつでも、外を歩くことを習慣にしましょう。

 

もちろん、お腹が張ったり体調が優れない時は、無理をせず休んでくださいね。

 

スポンサードリンク

妊娠線とセルライトの違いを挙げてみよう!

妊娠線とセルライトは全く別物なので、両者にはたくさんの違いがあります。

 

具体的には、「できる時期とできる場所」「できるメカニズムや症状」「予防対策やアフターケアの仕方」などです。

 

妊娠線とセルライトの違いは、これらの特徴を比較してみれば一目瞭然です。

 

では、妊娠線とセルライトの特徴を比較しながら、違いを見ていきましょう。

 

できる時期とできる場所

妊娠線とセルライトの違いと言えば、まずは「できる時期とできる場所」が挙げられます。

 

できる時期に関しては、次のような違いがあります。

 

・妊娠線⇒妊娠中だけできる(妊娠中以外にできるとしたら通常の肉割れ)

・セルライト⇒妊娠中以外もできる

 

妊娠線は名前からも分かるように妊娠中のトラブルなので、妊娠中だけしかできないものです。

 

これに対してセルライトは脂肪細胞が肥大化したものなので、妊娠関係なくいつでもできる可能性があります。

 

それから、できる場所に関しては、次のような違いがあります。

 

・妊娠線⇒体積が大きい場所

・セルライト⇒皮下脂肪の付きやすい場所

 

妊娠線もセルライトもできる場所はよく似ているのですが、体積が大きいことが関係しているか、皮下脂肪が関係しているかと言う違いがあります。

 

できるメカニズムや症状

妊娠線とセルライトの違いと言えば、「できるメカニズムや症状」が挙げられます。

 

・妊娠線⇒皮膚深部の断裂、痒みや痛みを感じることがある

・セルライト⇒脂肪細胞の肥大化、掴んだ時にデコボコが目立つ

 

ちなみに、デコボコは妊娠線にもセルライトにも見られるのですが、両者のデコボコには若干違いがあります。

 

妊娠線のデコボコは皮膚深部が断裂して、ひび割れのような形になっています。

 

セルライトのデコボコは所々に窪みがあって、肌を掴んで少し捻ってみると目立ちます。

 

予防対策やアフターケアの仕方

「予防対策やアフターケアの仕方」も、妊娠線とセルライトの大きな違いです。

 

妊娠線⇒皮膚深部まで浸透する保湿ケア(場合によってはターンオーバーを促すケア)

セルライト⇒マッサージや適度な運動で血行を促すケア

 

妊娠線は肌が乾燥して硬くなっているとできやすいので、保湿ケアをして肌を柔軟にするケアが効果的です。

 

既に妊娠線ができているのなら、ターンオーバーを促すケアで肌の修復力をアップすることも大切です。

 

それから、セルライトは血行が悪いとできやすいので、マッサージや適度な運動で血行を促すのが効果的です。

 

重症化して改善しにくいセルライトの場合は、エステに通ってスペシャルケアを受けるのも有りです。

 

このように妊娠線とセルライトとでは予防対策やアフターケアの仕方が全然違うので、早くどちらかを見極めて早く対策できると良いですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

妊娠線とセルライトの違いについて、それぞれの特徴を挙げながら説明しました。

 

・妊娠線⇒皮膚の断裂で保湿ケアが必須、妊娠中にできる

・セルライト⇒脂肪細胞の肥大化で血行促進が必須、妊娠していなくてもできる

 

妊娠線は妊娠中だけ気を付ければ良い肌トラブルですが、断裂してしまった皮膚はちょっとケアしただけでは元通りに戻りません。

 

アフターケアとして保湿ケアと一緒に、ターンオーバーを促すケアを行うと目立ちにくくなります。

 

一方、セルライトは妊娠関係なく起こるトラブルで、重症化するとセルフケアでは改善が難しくなります。

 

早期発見・早期対策はもちろんのこと、血行を促すマッサージや適度な運動を習慣にするのがお勧めです。

 

妊娠線もセルライトも早めに対策を始めることが、症状を最小限に食い止める重要ポイントです。

 

「妊娠線ができそう。」「セルライトができそう。」と思ったら、すぐにでも対策を始めるくらいが丁度良いのでしょうね。

「スキなし女子」をキーワードに開発された話題のオールインワンクリーム!

・予防もアフターケアにも使用可能なクリーム
・急な体型の変化で肉割れができてしまった
・肌のボコボコ感、引っ掛かりが気になる
・保湿ケアはいろいろと試したけれど満足できていない
・腕や脚を隠すファッションばかりで周りの目が気になる
・全身に使用できる無添加+低刺激処方
・お手入れが難しい部位でも自宅で塗るだけケアが可能

「スキなし女子」をキーワードに開発された肉割れケア商品。
気になる、肉割れや妊娠線にご使用いただけるボディクリームです。
オールインワンクリームなので全身で使用が可能です。

・雑誌掲載+アットコスメでの高評価など

・180日間の満足度返金保証付き
今なら初回限定特別価格!
通常価格6.800円(税別)→1.800円(税別)

ぜひこのタイミングで試してみて下さい!!

スポンサードリンク

肉割れ消すカテゴリの最新記事