妊娠線ができる前兆・予兆とは?

妊娠線ができる前兆・予兆とは?

妊娠線ができる前兆・予兆って、分かりやすい症状として現れるものなのでしょうか?

「もし前兆・予兆となる症状が分かっているなら、その症状を感じた時に何らかの対策ができるのに。」なんて思いませんか。

実は、妊娠線ができるのには前兆・予兆があって、

妊娠線ができる前に多くの方が感じた症状もあるのです。

では、妊娠線ができる前兆・予兆について、肌や体の変化を説明しましょう。

 

スポンサードリンク

こんな肌の変化に注意!妊娠線ができる前兆・予兆となる肌トラブルとは


妊娠線ができる前兆・予兆として多くの方が感じた症状と言えば、まずは肌トラブルがあります。

妊娠線はある時突然できるもののように思っている方もいますが、実際には他の肌トラブルが関係していることもよくあるんです。

妊娠線ができる前兆・予兆としてもっとも多い肌トラブルが、「肌がやたら乾燥する」「肌が痒くなる」などです。

肌の乾燥や痒みがこれ以上酷くなる前に、すぐにでも肉割れ専用クリームでスキンケアを始めた方が良いです。

肌がやたら乾燥する

妊娠線ができる前兆・予兆として「肌がやたら乾燥すること」は、多くの方が感じる肌トラブルです。

妊娠中には次のようなホルモンの分泌が増えるので、妊娠前以上に肌が乾燥しやすくなります。

・エストロゲン⇒女性ホルモンの一種で肝臓の代謝機能を低下させる
・コルチコステロイド⇒コラーゲンの生成を抑制する

エストロゲンが増えて肝臓の代謝機能が低下すれば、たまった胆汁酸が皮下組織に悪影響を及ぼします。

コルチコステロイドが増えてコラーゲンが減れば、肌に柔軟性がなくなって伸びにくく裂けやすくなります。

・肌がカサカサになる
・皮がめくれる
・白っぽく見える

このような肌の変化が見られるなら、今まで以上に保湿ケアを頑張りましょう。

肌の乾燥は手足などの妊娠線ができにくい場所であっても、「お腹や胸などの妊娠線ができやすい場所も危ないかも!」と思って対策した方が良いですよ。

肌が痒くなる

妊娠線ができる前兆・予兆として多くの方が感じる肌トラブルには、「肌が痒くなること」も挙げられます。

妊娠線ができると痒みを感じることがあるのですが、痒みは妊娠線ができる前から少しずつ感じられることも多いんです。

これには妊娠中に分泌が増えるエストロゲンの影響で、肝臓の代謝機能が低下することが関係しています。

エストロゲンが増加

肝臓の代謝機能が低下

胆汁が蓄積

胆汁酸やビリルビンが蓄積

痒みが発生

このような流れで妊娠中は、肌の痒みが酷くなりやすいので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

妊娠線ができるのも時間の問題?妊娠線の前兆・予兆となる要注意な肌トラブル


「こんな肌トラブルが起こったら、妊娠線ができるのも時間の問題!」なんて言う、妊娠線の前兆・予兆となる肌トラブルもあります。

妊娠線ができそうな時は、もちろん肌の乾燥、痒みも悪化します。

さらに、「肌が突っ張る感じがする」「肌荒れや湿疹が見られる」「薄く白い線ができている」などの症状も、気になり始めることが多いです。

このような症状に気付いた場合は要注意サインとして、こまめなケアを心掛けた方が良いです。

肌が突っ張る感じがする

妊娠線の前兆・予兆となる要注意な肌トラブルと言えば、まずは「肌が突っ張る感じがすること」が挙げられます。

肌の突っ張り感が気になるのは、主に次のような時でしょう。

・お腹の中の赤ちゃんが成長してお腹が大きくなった時
・体に負担がかかったり疲れたりしてお腹が張る時

このような時に感じる突っ張り感こそが、皮膚が伸びる限界に近い証拠です。

お腹の中の赤ちゃんの成長ばかりは仕方がないにしても、お腹が張る時は体を休めて落ち着くことも大切です。

肌荒れや湿疹が見られる

「肌荒れや湿疹が見られること」も、妊娠線の前兆・予兆となる要注意な肌トラブルです。

肌荒れは肌の乾燥が悪化したものですし、湿疹はだいぶ肌のバランスが乱れている証拠です。

湿疹は妊娠性湿疹の場合もあるのですが、妊娠線のでき始めの症状の場合もあります。

妊娠前には何ともなかった衣類や石鹸類のちょっとした刺激でも、湿疹ができることもあります。

こんな時は柔らかくゆったりした天然素材の衣類、低刺激の石鹸に変えてみるのも効果的です。

薄く白い線ができている

妊娠線の前兆・予兆となる肌トラブルとして、もっとも注意が必要なのが「薄く白い線ができていること」です。

妊娠線はこの薄く白い線が、赤く濃い線になったものです。

「今薄いから大丈夫!」と思っている方もいるのですが、薄い線はこれから濃くなっていく可能性大です。

今までと同じ対策を続けるのも良いのですが、新しい対策も始めた方が良いでしょう。

肉割れ専用クリームを使っているのなら、予防とアフターケアを兼ねたものを使ってみるのがおすすめです。

スポンサードリンク

体そのものも要チェック!妊娠線ができる前兆・予兆となる体の変化


妊娠線の前兆・予兆は肌トラブルだけではなく、体そのものの変化から感じられることもあります。

妊娠線には肌の状態だけではなく、体の変化も大きく関係しているので当然ですよね。

妊娠線の前兆・予兆となる体の変化としては、「体重が急増する」「お腹の赤ちゃんが急成長する」などがあります。

このような体の変化が気になり始めたら、肌トラブル対策と一緒に体重管理を頑張る必要があります。

体重が急増する

妊娠線ができる前兆・予兆となる体の変化と言えば、まずは「体重が急増すること」があります。

体重が急増すると言うよりも脂肪で、皮膚内部の体積が急増すると言った方が正しいでしょうね。

皮膚内部の脂肪が急増すれば、皮膚が引っ張られて裂けやすくなります。

一般的に、妊娠中に増やしても良い体重は、自分の元々の体型に合わせて8~12㎏までと言われています。

1ヶ月単位に換算すると、1~1.5㎏までになります。

もちろん、この範囲での体重増加に留めることができても、妊娠線ができてしまうこともあります。

なので、必要以上に体重を増やせば、妊娠線ができる可能性はますます高くなります。

「体重が一気に増えた。」と感じた時は、今の体重をできるだけ長く維持できるよう目指して、食事の栄養バランスを整えましょう。

お腹の赤ちゃんが急成長する

妊娠線ができる前兆・予兆となる体の変化と言えば、「お腹の赤ちゃんが急成長すること」も挙げられます。

お腹の赤ちゃんが急成長すれば、皮膚内部の体積が急増して皮膚が引っ張られます。

そして、限界まで引っ張られて伸びた皮膚は、深部の真皮や皮下組織を中心に裂けることがあります。

昔は「妊娠したら赤ちゃんの分もしっかり食べて。」と言う方が多かったのですが、今は「小さく生んで大きく育てよう。」と言う考え方がメインです。

赤ちゃんを適度に小さく産むことは、安産のために良いとされています。

体重を定期的に測りながら、食事量や内容をコントロールしましょう。

スポンサードリンク

まとめ


妊娠線ができる前兆・予兆となる肌トラブル、体の変化をまとめてみました。

・肌トラブル⇒乾燥肌、痒み、突っ張り感、肌荒れや湿疹、薄く白い線
・体の変化⇒体重の急増、お腹の中の赤ちゃんの急成長

妊娠線ができるのには、肌トラブルと体の変化が大きく関係しています。

なので、妊娠線ができる前兆・予兆として、複数の肌トラブルや体の変化が感じられることが多いです。

中でも肌トラブルは「乾燥肌・痒み⇒突っ張り感・

肌荒れや湿疹・薄く白い線」のように、悪化する傾向にあります。

妊娠線を作らないようにするためには一刻も早く対策を行うことで、前兆・予兆の症状を感じるまでには対策を始めるに越したことはありません。

ちょっとした症状であれば、肉割れ専用クリームや体重管理で症状の悪化を予防できます。

ただ、酷い症状を感じる場合には、予防対策と一緒にアフターケア用の肉割れ専用クリームを使った方が良いでしょう。

今感じている症状をSOSサインだと考えて、今の肌や体の状態に合った最善の対策ができると良いですね。

「スキなし女子」をキーワードに開発された話題のオールインワンクリーム!

・予防もアフターケアにも使用可能なクリーム
・急な体型の変化で肉割れができてしまった
・肌のボコボコ感、引っ掛かりが気になる
・保湿ケアはいろいろと試したけれど満足できていない
・腕や脚を隠すファッションばかりで周りの目が気になる
・全身に使用できる無添加+低刺激処方
・お手入れが難しい部位でも自宅で塗るだけケアが可能

「スキなし女子」をキーワードに開発された肉割れケア商品。
気になる、肉割れや妊娠線にご使用いただけるボディクリームです。
オールインワンクリームなので全身で使用が可能です。

・雑誌掲載+アットコスメでの高評価など

・180日間の満足度返金保証付き
今なら初回限定特別価格!
通常価格6.800円(税別)→1.800円(税別)

ぜひこのタイミングで試してみて下さい!!

スポンサードリンク

原因カテゴリの最新記事