妊娠線はいつからできた?いつから予防したらよいのか??

妊娠線はいつからできた?いつから予防したらよいのか??


妊娠線はいつからできたのか、色々な人の答えを聞いてみたいと思いませんか。

多くの人の声を参考にすれば、いつから予防したらよいか、対策を始める上での参考になります。

もちろん、「既に時期を過ぎてしまった!」「妊娠線ができてしまった!」と言う方でも、今までできなかった分の対策をこれからしていけば良いのです。

では、妊娠線はいつからできた方が多いのか、いつから予防したらよいか、説明しましょう。

スポンサードリンク

妊娠線ができる時期はいつ?妊娠初期は大丈夫なの?


妊娠線はいつからできたのか、具体的な時期は実は人それぞれです。

妊娠線には体型や肌質など、1人1人の体の状態が大きく関係しているからこそ、できる時期も人によって大きく変わってくるのです。

妊娠線ができる時期の平均は妊娠8ヶ月前後と言われていますが、安定期までに妊娠線ができた人、臨月近くなって妊娠線ができた人もいます。

妊娠線ができる時期は平均的に妊娠8ヶ月前後

妊娠線はいつからできたのか、多くの方が平均的な妊娠8ヶ月前後だと答えています。

妊娠8ヶ月と言えば妊娠後期のスタート時期で、「出産までもう一息」と言う時期でもあります。

なぜ妊娠8ヶ月前後に妊娠線ができるのかには、主に次のような理由が考えられます。

・お腹の中の赤ちゃんの急激な成長
・ママ自身が太って脂肪が急増
・出産が近づいて油断してケアを中止

お腹の中の赤ちゃんの成長、脂肪の急増などで皮膚内部の体積が急増すると、皮膚が一気に引っ張られます。

そして、皮膚が限界まで伸びて、皮膚深部の真皮や皮下組織が裂けることがあります。

これが妊娠線の正体です。

皮膚は深部ほど硬く裂けやすいのですが、肌が乾燥して硬くなると余計に裂けやすく妊娠線ができやすくなります。

そこで、多くの方が行う妊娠線対策が、肌に潤いや柔軟性を与えるケアですよね。

安定期までせっかく続けてきたケアでも、妊娠後期になって「まだ妊娠線ができていないから大丈夫!」なんて、油断してケアを止めてしまう方もいます。

でも、妊娠8ヶ月前後こそ妊娠線ができやすい時期なので、今まで以上にケアを頑張りましょう。

安定期までに妊娠線ができる人も多い

「妊娠線はいつからできた?」と聞かれて、妊娠7ヶ月まで安定期までの期間を答える方も多いです。

安定期までに妊娠線ができた方は、ほとんどと言って良いほど妊娠5~7ヶ月までの妊娠中期の時期を答えます。

でも、中には妊娠初期のうちに、妊娠線ができたと言う方もいるのです。

妊娠中期までに妊娠線ができる理由は、妊娠8ヶ月前後に妊娠線ができる理由とほぼ同じです。

・お腹の中の赤ちゃんの急激な成長
・ママ自身が太って脂肪が急増
・ケアをまだ始めていない

妊娠中期はお腹の中の赤ちゃんの成長、脂肪の急増でママの体型が急激に変わりやすい時期です。

また、妊娠初期はつわりで体重が増えない人ばかりでなく、食べつわりで太ってしまう人もいるのです。

ちなみに、食べつわりは食べていないと、気持ちが悪くなるつわりです。

食べつわりになると体調管理と体重管理の両立が難しいのですが、できる範囲で栄養バランスやカロリーを調整する必要があります。

この他、「安定期になってもまだケアを始めていない。」と言う方は、妊娠5ヶ月くらいを目安にケアを始めた方が良いです。

乾燥肌、多胎妊娠、経産婦、急激に太りそうな人など、妊娠線ができやすい人は妊娠初期からケアを始めるのがおすすめです。

妊娠中はいつでも妊娠線ができる可能性がある

妊娠線はいつからできたか、妊娠初期から妊娠後期まで答えは色々です。

平均的な妊娠8ヶ月頃に妊娠線ができていなくて油断していると、臨月になって妊娠線ができることもあります。

妊娠している間はいつ妊娠線ができてもおかしくありません。

なので、妊娠線を作りたくない人は、短期集中的なケアなんて考えてはいけません。

妊娠が発覚してからすぐにでもケアを始めた方が、妊娠線ができる確率を減らせます。

スポンサードリンク

妊娠線ができる可能性が減るはいつから?予防にゴールはある?


妊娠線はいつからできたか、妊娠線ができた妊婦さん全員が「妊娠中」と答えるはずです。

なので、妊娠線ができる時期にゴールはあるのか、いつまで予防ケアしたら良いのかは、何となく分かりますよね。

「妊娠線」と言う名前の通り、出産を迎えて妊娠期間が終われば、妊娠線ができる可能性もなくなります。

ただ、出産を迎えると妊娠線の代わりに、肉割れができることもあるので注意が必要です。

出産を迎えれば妊娠線ができなくなる

妊娠線は基本的には妊娠中だけのトラブルなので、出産を迎えればできなくなります。

出産を迎えるとお腹の中に赤ちゃんがいなくなりますし、子宮が収縮して妊娠前の状態まで小さくなります。

なので、妊娠中に大きくなったお腹は、だいぶスッキリします。

妊娠線ができていなければ、このまま予防ケアは終了できます。

ただ、妊娠線ができてしまった方は、妊娠線が残らないようにアフターケアが必要になります。

産後も太り続けたら肉割れができることも!

出産を迎えると妊娠線ができる可能性はなくなっても、肉割れができる可能性はあります。

「産後は妊娠中よりも太ってしまった!」なんて言う方はいませんか。

産後は痩せて妊娠前に体型に戻るものだと思いがちですが、妊娠中よりも太ってしまう人もいるのです。

このような人は脂肪で皮膚内部の体積が増えて、皮膚が裂けるほどに伸びてしまうことがあります。

妊娠期間は終わったからと言って油断することなく、体型管理をきちんと行って産後の肉割れを予防しましょう。

スポンサードリンク

妊娠線の予防はいつから?時期に合ったケアの方法は?


妊娠線がいつからできたか、色々な妊婦さんの声を参考にすれば、予防ケアをいつから始めたら良いのか分かりますよね。

妊娠線ができる平均的な時期が妊娠8ヶ月前後と考えると、妊娠8ヶ月からケアを始めたのでは遅いです。

余裕を持って安定期に入るまでに、スキンケアやマッサージなどの予防対策を始めましょう。

安定期に入るまでに妊娠線専用クリームを使おう

妊娠線の予防対策は、安定期に入るまでに始められるのがベストです。

それで、まず初めに頑張りたいケアが、妊娠線専用クリームを使うことです。

妊娠線専用クリームは乾燥した肌に潤いを与えて、柔軟で裂けにくい状態にしてくれます。

予防用・アフターケア用とがあるのですが、妊娠線ができていないうちは予防用で十分です。

少なくとも1日1回夜の入浴後だけでも塗るようにし、必要に応じてこまめに塗り直すと良いでしょう。

安定期に入ったらマッサージでの予防もおすすめ

妊娠線専用クリームを馴染みやすくしてくれるのが、妊娠線予防のマッサージです。

マッサージは体に負担がかかってしまうことがあるので、安定期に入ってから無理のない範囲で行いましょう。

もちろん、あまり力を入れすぎず優しいタッチで、気になる部分をさする程度で大丈夫です。

念入りにマッサージしたい時は、優しくクルクルして小さい円を描いてみましょう。

妊娠線ができたらすぐにアフターケアを始めよう!

妊娠線専用クリームとマッサージでしっかりと予防対策をしていても、残念ながら妊娠線ができてしまうことがあります。

こんな時は今までの予防ケアに、アフターケアをプラスしましょう。

アフターケアと言っても、特別なケアをしなければいけない訳ではありません。

妊娠線専用クリームを予防とアフターケアを兼ねたものに変えて、朝と夜の1日2回塗るだけです。

出産を迎えて肉割れの心配がなくなったら、アフターケアだけに絞っても大丈夫です。

スポンサードリンク

まとめ


妊娠線はいつからできたか、妊婦さんによって次のような答えが見られます。

・妊娠8ヶ月前後
・妊娠初期から安定期までの間
・臨月

妊娠8ヶ月前後が平均なのですが、妊娠初期から臨月まで出産を迎えるまでは、いつでも妊娠線ができる可能性があります。

そして、妊娠線ができる可能性がなくなるのは出産を迎えてからで、産後は妊娠線予防が必要なくなります。

ただ、産後も太り続けたら肉割れができることがあるので、妊娠中に引き続き体重管理はきちんと行った方が良いです。

また、妊娠線の予防ケアを始める時期は、安定期までの間がベストです。

確実性の高い対策を行うなら、妊娠が発覚してからケアを始めるくらいが丁度良いです。

・妊娠線ができるまで⇒予防用の妊娠線専用クリーム、マッサージ
・妊娠線ができてから⇒予防とアフターケアを兼ねた妊娠線専用クリーム、マッサージ

このように妊娠線ができるまで、妊娠線ができてからで、ケアの方法を変えることも大切です。

「スキなし女子」をキーワードに開発された話題のオールインワンクリーム!

・予防もアフターケアにも使用可能なクリーム
・急な体型の変化で肉割れができてしまった
・肌のボコボコ感、引っ掛かりが気になる
・保湿ケアはいろいろと試したけれど満足できていない
・腕や脚を隠すファッションばかりで周りの目が気になる
・全身に使用できる無添加+低刺激処方
・お手入れが難しい部位でも自宅で塗るだけケアが可能

「スキなし女子」をキーワードに開発された肉割れケア商品。
気になる、肉割れや妊娠線にご使用いただけるボディクリームです。
オールインワンクリームなので全身で使用が可能です。

・雑誌掲載+アットコスメでの高評価など

・180日間の満足度返金保証付き
今なら初回限定特別価格!
通常価格6.800円(税別)→1.800円(税別)

ぜひこのタイミングで試してみて下さい!!

スポンサードリンク

予防カテゴリの最新記事