妊娠線予防クリームはいつから始めるのがベスト?

妊娠線予防クリームはいつから始めるのがベスト?


妊娠線予防クリームって、いつから始めるのがベストなのでしょうか?

飽きっぽい人や面倒臭がりさんだと、あまりに早い時期から始めても、本当に必要な時期まで続けられるかどうか。

だからと言って、始める時期を遅らせると万全の対策ができずに、妊娠線を作ってしまう可能性がありますよね。

では、妊娠線予防クリームはいつから始めるのがベストなのか、妊娠線ができやすい時期と一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

妊娠線ができる時期はいつ?アンケート調査結果を発表


妊娠線予防クリームをいつから始めるのが良いかの前に、妊娠線ができる時期っていつか知っていますか。

妊娠線ができる時期は一般的には安定期以降と言われていますが、安定期以降のどの時期に妊娠線ができるかは人それぞれです。

平均的に妊娠線ができる時期、早い人の妊娠線ができる時期を知れば、無駄なく妊娠線予防クリームでのケアができるかも知れません。

そこで、妊娠線ができる時期に関する、アンケート調査結果を発表しましょう。

平均的に妊娠線ができるのはいつ?

妊娠線ができる時期として、もっとも多いのが妊娠8ヶ月以降の妊娠後期です。

妊娠線ができた7割以上の妊婦さんが、妊娠後期に妊娠線ができたと答えています。

次に多いのが妊娠5ヶ月以降の妊娠中期で、安定期とも言われる時期です。

妊娠中期に妊娠線ができたと答えた妊婦さんは、4人に1人くらい(約25%)の割合です。

この調査結果で考えると、平均的に妊娠線ができるのは妊娠中期以降です。

妊娠線予防クリームでのケアは、遅くても妊娠5ヶ月までには始められると良いですね。

早い人はいつ妊娠線ができる?

アンケートの調査結果では妊娠線ができる時期は、平均的には妊娠5ヶ月以降と言う結果になりました。

でも、平均は妊娠線が早くできた人から遅くできた人までの、中間値をまとめた時期に過ぎません。

全ての妊婦さんが平均通りになる訳ではなく、実は妊娠5ヶ月よりも前に妊娠線ができたと言う方もいるのです。

妊娠4か月までの妊娠初期に妊娠線ができたと答えた妊婦さんは、全体の2.5%くらいいます。

妊娠初期に妊娠線ができる可能性はゼロではないので、完璧に近い対策をしたい方は妊娠したらすぐにでも妊娠線予防クリームを使った方が安心です。

スポンサードリンク

早く妊娠線ができる可能性があるのはこんな人!


妊娠線予防クリームをいつから始めるのが良いかですが、特に次のような人は早く始めるに越したことはありません。

・妊娠線ができやすいタイプに該当する人
・絶対に妊娠線を作りたくない人

中でも妊娠線ができやすいタイプに該当するのは、「経産婦さんや多胎妊娠の人」「体重が急増した人や皮下脂肪が多い人」「痩せている人や背が低い人」「乾燥肌の人」などです。

では、早く妊娠線ができる可能性がある人について、詳しく見ていきましょう。

経産婦さんや多胎妊娠の人

早く妊娠線ができる可能性がある人と言えば、まずは「経産婦さんや多胎妊娠の人」が挙げられます。

経産婦さんは子宮が大きくなりやすく、初産婦さんに比べてお腹も大きくなりやすいです。

双子や三つ子などの多胎妊娠の人も、単胎妊娠の人と比べてお腹が大きくなりやすいです。

お腹が急激に大きくなると皮膚内部の体積が増えて、真皮や皮下組織が裂けやすくなるので注意が必要です。

体重が急増した人や皮下脂肪が多い人

「体重が急増した人や皮下脂肪が多い人」も、早く妊娠線ができる可能性があります。

体重が急増すると皮膚内部の体積が急増しますし、皮下脂肪が多いと妊娠中に皮下脂肪が急増することがあります。

いずれにしても皮膚内部の体積が急増すれば、皮膚が伸びてデリケートな真皮や皮下組織を中心に裂ける危険性があります。

痩せている人や背が低い人

早く妊娠線ができる可能性がある人に、「痩せている人や背が低い人」も挙げられます。

例えば、痩せている人が急激に太るのと、普通体型の人が急激に太るのとでは、痩せている人の方が体型の変化が大きくなるのは分かりますよね。

この大きな体型の変化こそが、皮膚を伸ばして大きな負担をかけます。

それから、背が低い人が急激に太るのと、背が高い人が急激に太るのも、背が低い人の方が皮膚に余裕がありません。

伸びる皮膚が少なければ伸びる限界も早く、妊娠線ができやすくなります。

乾燥肌の人

「乾燥肌の人」も早く妊娠線ができやすく、早めに対策が必要な人です。

皮膚が乾燥していると皮膚に弾力性や柔軟性がなく、皮膚内部の体積の急増に耐え切れません。

乾燥して硬い皮膚は伸びる限界も早いので、十分に伸びきれずに裂けやすいです。

乾燥肌は元々の肌質だけではなく、年齢肌も大きく関係しているので、お肌の曲がり角(20代後半)を迎えたら注意が必要です。

スポンサードリンク

妊娠線予防クリームを始めるタイミングは?


妊娠線予防クリームを始めるタイミングは、結局の所いつからが良いのでしょうか。

平均的な肌質や体型であれば安定期以降でも良いのでしょうが、妊娠線ができやすくて早くケアを始めた方が良い人もいます。

どちらが自分にとって良いのかは、自分が早く妊娠線ができやすい人に該当するかどうかで決めるのがベストです。

では、遅くてもいつまでに妊娠線予防クリームを始めれば良いか、万一妊娠線ができたらどうしたら良いのかを紹介しましょう。

妊娠線予防クリームは安定期までに始めるのがベスト!

妊娠線予防クリームをいつから始めるのかですが、一言で言うなら「安定期までに始めるのがベスト」です。

もっと具体的な時期を言うと、次のような早く妊娠線ができやすい人は、妊娠したらすぐにでも妊娠線予防クリームを始めた方が良いです。

・経産婦、多胎妊娠
・体重が急増した、皮下脂肪が多い、痩せている、背が低い
・乾燥肌

もちろん、絶対に妊娠線を作りたくないと言う方も、万全に近い対策のためにも妊娠したらすぐに妊娠線予防クリームを始めた方が良いです。

上記に該当しない人で「妊娠線を最小限にできればいい!」と言う方は、安定期までに妊娠線予防クリームを始めましょう。

せっかく妊娠線予防クリームを使っても、安定期に妊娠線ができないと安心して使用を止めてしまう方も多いです。

でも、妊娠線は妊娠後期にできる人の方が倍以上も多いので、出産を迎えるまでは頑張ってケアを続けてくださいね。

妊娠線ができたらアフターケア用のクリームがおすすめ

「安定期までに妊娠線予防クリームを始めたけど、妊娠線ができてしまった。」

こんな時は妊娠線の予防と同時進行で、できてしまった妊娠線のアフターケアも行う必要があります。

妊娠線専用のクリームには予防に特化したものだけでなく、アフターケア用、予防とアフターケアを兼ねたものなどもあります。

初めからアフターケアを兼ねた妊娠線予防クリームを使うのも有りですが、予防用を使っている方はアフターケア用を使いましょう。

アフターケア用のクリームは予防用に比べて、皮膚の修復力を引き出す効果が期待できるのものが多いです。

予防とアフターケアを兼ねたものか、アフターケア用かどちらが良いかは、次のようなことを参考に選びましょう。

・出産予定日までまだ⇒予防とアフターケアを兼ねたもの
・出産を迎えた後⇒アフターケア用

出産を迎えた後でも体型の心配をしている方は、予防とアフターケアを兼ねたものを暫く使っても良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ


妊娠線予防クリームをいつから始めたら良いのかを、妊娠線ができやすい時期と合わせてまとめてみました。

まず、妊娠線ができる時期は、以下のようなアンケート結果になりました。

・妊娠後期⇒70%以上
・妊娠中期⇒約25%
・妊娠初期⇒約2.5%

多くの妊婦さんが妊娠中期以降に妊娠線ができることを考えると、妊娠線予防クリームは安定期までに始めた方が良いです。

ただ、以下に該当する人は早く妊娠線ができやすいので、妊娠したらすぐにでも妊娠線予防クリームを始めることをお勧めします。

・経産婦、多胎妊娠
・体重が急増した、皮下脂肪が多い、痩せている、背が低い、
・乾燥肌

また、妊娠線予防クリームを使っていても妊娠線ができてしまった場合は、アフターケア用のクリームで皮膚の修復力を高めるケアも取り入れましょう。

まだ出産を迎えていない場合は、また新しく妊娠線ができる可能性があるので、予防とアフターケアを兼ねたクリームが便利ですよ。

「スキなし女子」をキーワードに開発された話題のオールインワンクリーム!

・予防もアフターケアにも使用可能なクリーム
・急な体型の変化で肉割れができてしまった
・肌のボコボコ感、引っ掛かりが気になる
・保湿ケアはいろいろと試したけれど満足できていない
・腕や脚を隠すファッションばかりで周りの目が気になる
・全身に使用できる無添加+低刺激処方
・お手入れが難しい部位でも自宅で塗るだけケアが可能

「スキなし女子」をキーワードに開発された肉割れケア商品。
気になる、肉割れや妊娠線にご使用いただけるボディクリームです。
オールインワンクリームなので全身で使用が可能です。

・雑誌掲載+アットコスメでの高評価など

・180日間の満足度返金保証付き
今なら初回限定特別価格!
通常価格6.800円(税別)→1.800円(税別)

ぜひこのタイミングで試してみて下さい!!

スポンサードリンク

予防カテゴリの最新記事