妊婦の肉割れ妊娠線が痛い!もしや注意のサイン?

妊婦の肉割れ妊娠線が痛い!もしや注意のサイン?

妊婦生活が無事安定期を迎えた時、と感じたことはありませんか。

痛みの表現には「ピリピリする」「痛かゆい」などがあるのですが、いずれにしても不快感であることには変わりありません。

本来痛みがするはずのない場所から、何らかの痛みがあると「注意のサインなのでは?」と心配になりますよね。

では、妊婦さんの肉割れ妊娠線の痛みが表しているサイン、痛みの原因、痛みを感じる時期など、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

具体的にはどんな痛みがするの?ピリピリするのか痛かゆいのか

妊婦さんの肉割れ・妊娠線が痛いと言っても、どう表現したら良いものやら、なんて思っていませんか。

こんな方は「ピリピリする痛み」「痛かゆい」に、当てはまるかどうかを考えてみてください。

痛みのタイプで既に肉割れの症状が進んでいるのか、これから肉割れができる可能性があるのかが分かりますよ。

ピリピリする痛みは肉割れ・妊娠線が進行中

肉割れ・妊娠線の痛みが「ピリピリする痛みだ!」と言う、妊婦さんはいませんか。

いや、「ヒリヒリする」とか「チクチクする」などと、表現する方もいるかも知れませんね。

皮膚の内側を中心にこのような痛みを感じる場合には、皮膚内部の真皮が少しずつ裂けている可能性があります。

つまり、皮膚内部がダメージを受けているからこそ、皮膚の内側で痛みを感じるのです。

現時点でそれほど大きなひび割れ、はっきりしたひび割れが見られなくても、肉割れは皮膚内部の方が表皮よりも酷い症状になりやすいです。

なので、痛みを感じ始めたらすぐにでもケアを始めて、症状の進行を食い止められると良いですね。

痛かゆいのは肉割れ・妊娠線の前兆かも!

妊婦さんの肉割れ・妊娠線の痛みの中には、痛さとかゆさが入り混じった「痛かゆさ」もあります。

肉割れ・妊娠線の痛みは皮膚が敏感な人ほど感じやすいもので、痛かゆさを感じた時、本当のところは痛みしか感じていないこともよくあります。

痛みを感じているはずなのに、痛みをかゆみだと錯覚して思わず掻いてしまうのです。

「何かかゆい気がする?」「痛いようなかゆいような?」のような曖昧なかゆさを感じた時は、本当はちょっとした痛みを感じているのかも知れません。

このような痛かゆさを感じる場合は肉割れ・妊娠線の前兆のサインで、これからどんどん肉割れが進行していく可能性が考えられます。

かゆく感じるからと言って掻きむしってしまうと、デリケートな皮膚をますます傷付けて症状を悪化させてしまいます。

もしこの状態で肉割れができたとしたら、皮膚のバリア機能も乱れているので治りも悪くなってしまいます。

かゆいのは頑張って耐えるか、妊娠中でも使えるかゆみ止めを使うかした方が良いでしょう。

スポンサードリンク

妊婦の肉割れ・妊娠線が痛くなる原因は?今からでも予防対策はできるの

妊婦さんの肉割れ・妊娠線って怪我でも病気でもないのに、なぜ痛いのだろう?」なんて思いませんか。

それは肉割れが肌トラブルで、皮膚内部にできた傷のようなものだからなんです。

完全に傷が出来上がっていればもちろん痛いでしょうし、傷ができるかできないかのうちから少しずつ痛みを感じることもあります。

できることなら傷ができる前に、予防対策を始められると良いですよね。

では、肉割れ・妊娠線が痛くなる仕組み、妊娠中にできる予防対策について説明しましょう。

妊婦の肉割れ・妊娠線が痛くなる仕組み

妊婦さんの肉割れ・妊娠線は急激な体型の変化で起こることが多く、皮膚内部の体積が増えると皮膚が伸びることで対応しようとします。

でも、皮膚は外側の表皮ほど柔軟で伸びやすく、内側の真皮や皮下組織ほど伸びにくく裂けやすい性質を持っています。

なので、伸びにくい皮膚の真皮や皮下組織が限界まで伸びきった後は、断裂を起こして肉割れになってしまうのです。

ところで、肉割れ・妊娠線の痛みって割と穏やかで、「気にしなければ気にならない」程度のちょっとした痛みが多いのではないでしょうか。

実は皮膚の真皮や皮下組織は痛みに鈍感な部分なので、同じ傷を皮膚表面に作った時よりも痛みは弱いんです。

ただ、それほど痛くなくても、皮膚内部で症状は進行しています。

肉割れ・妊娠線を最小限に食い止めるためにも、すぐにでも予防対策を始めましょう。

妊娠中にできる予防対策はスキンケア

肉割れ・妊娠線が痛い妊婦さんが今すぐにできる予防対策と言えば、肉割れ専用クリームを使用したスキンケアです。

妊娠中はホルモンバランスで肌のバランスが崩れやすいのですが、肌の乾燥は肉割れそのものも痛みも悪化させます。

肉割れ専用クリームを塗って肌に潤いを与えれば、同時に肌の柔軟性や強さもアップします。

最近では肌への浸透力にこだわったもの、肌の修復力にアプローチしてくれるものも増えています。

ただ、妊娠中はお腹の中の赤ちゃんへの影響も考慮しなければいけないので、妊娠線専用のもの、妊婦さんも使えるものを選んでくださいね。

スポンサードリンク

妊婦の肉割れ・妊娠線の痛みはいつまで?早く痛みから解放されるには?

妊婦さんで肉割れ・妊娠線が痛いと言う方だと、とにかく早く痛みから解放されたいと思いますよね。

「この痛み、いつまで続くんだろう?」「痛みを早く治す方法はないの?」などと、対策方法を探している方も多いでしょう。

もちろん、妊婦さんの肉割れ・妊娠線の痛みは永遠に続く訳ではないですし、少しでも早く痛みを治すための方法もあります。

では、妊婦さんの肉割れ・妊娠線が痛い期間、痛みの対策法について見ていきましょう。

妊婦の肉割れ・妊娠線の痛みは産後1年くらいまで

妊婦さんの肉割れ・妊娠線が痛いのは、基本的には肉割れの症状が進行している間が中心です。

妊婦さんの肉割れ・妊娠線の一番の原因は体型変化なので、出産を迎えて妊娠前の体型に戻っていくうちに痛みは少しずつ消えていきます。

つまり、出産を迎えたら「もうすぐ痛みから解放される!」と考えて良いでしょう。

肉割れ・妊娠線の痛みが落ち着くのは早い人だと産後から数ヶ月、長いと1年近くかかることもあります。

こればかりは人それぞれで、体型や回復力も大きく関係しています。

出産を迎えてから特に注意したいのが、少なくとも妊娠中よりも太らないことです。

「産後は必ず痩せるもの」と思っている方も多いのですが、逆に妊娠中よりも太ってしまう人もいますよ。

もちろん、妊娠中よりも太ってしまっては、肉割れは治るどころか余計に酷くなってしまいます。

だからと言って焦って極度の食事制限は良くないですし、栄養バランスを整えながら少しずつ妊娠前の体型を目指しましょう。

痛みを早く治したいなら代謝を高める活動を!

妊娠中の肉割れ・妊娠線の痛みを早く治すためには、代謝を高める活動を習慣にするのが効果的です。

代謝は皮膚の修復力に大きく関わるもので、代謝が高まるほど皮膚の修復力も高まります。

それで、代謝を高めるために活動としては、主に次のようなものがあります。

・適度に体を動かす(体操・ストレッチ・ウォーキングなど)
・湯船に浸かる入浴をする
・温かいものを意識的に食べる

とは言っても、出産を迎えてから1ヶ月の間は、育児以外は安静が基本ですよね。

産後1ヶ月検診で医師からの許可がなければ、運動も湯船に浸かる入浴もできません。

産後1ヶ月の間はスキンケアをしながら食事のバランスを整えて、産後1ヶ月検診で医師の許可が出たら、無理なく適度な運動や湯船に浸かる入浴を始めましょう。

天気のいい日、赤ちゃんの機嫌がいい日は、ベビーカーや抱っこ紐を使って赤ちゃんと一緒にお散歩するのもおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

妊婦さんで肉割れ・妊娠線が痛い場合ちょっとした痛みでも、お肌の注意サインとして考えても良いでしょう。

痛みの種類によって次のように、肉割れ・妊娠線の症状が分かる場合もあります。

・ピリピリする痛み⇒肉割れが進行中
・痛かゆい⇒肉割れの前兆

肉割れは皮膚内部の真皮や皮下組織で断裂が起こるものなので、皮膚表面よりも皮膚内部で痛みを感じることが多いです。

肉割れ・妊娠線の痛みは出産を迎えて、数ヶ月~1年くらいまでで落ち着きます。

肉割れ・妊娠線の痛みから早く解放されるためにできることは、まず痛みに気づいた時にすぐにでも肉割れ専用のクリームでケアすることです。

産後1ヶ月検診で医師の許可が出たら、適度な運動や湯船に浸かる入浴で代謝を高める活動を行うのも効果的です。

もちろん、妊娠中よりも太らないよう、体型にも十分に注意してくださいね。

「スキなし女子」をキーワードに開発された話題のオールインワンクリーム!

・予防もアフターケアにも使用可能なクリーム
・急な体型の変化で肉割れができてしまった
・肌のボコボコ感、引っ掛かりが気になる
・保湿ケアはいろいろと試したけれど満足できていない
・腕や脚を隠すファッションばかりで周りの目が気になる
・全身に使用できる無添加+低刺激処方
・お手入れが難しい部位でも自宅で塗るだけケアが可能

「スキなし女子」をキーワードに開発された肉割れケア商品。
気になる、肉割れや妊娠線にご使用いただけるボディクリームです。
オールインワンクリームなので全身で使用が可能です。

・雑誌掲載+アットコスメでの高評価など

・180日間の満足度返金保証付き
今なら初回限定特別価格!
通常価格6.800円(税別)→1.800円(税別)

ぜひこのタイミングで試してみて下さい!!

スポンサードリンク

原因カテゴリの最新記事