妊娠線のおすすめの予防方法7選!体調に合わせて少しずつ生活を改善していこう!

妊娠線のおすすめの予防方法7選!体調に合わせて少しずつ生活を改善していこう!


妊娠線のおすすめ予防方法があったら、ぜひ知りたいと言う方も多いのではないでしょうか。

一度できた妊娠線はなかなか消えないですし、妊娠線ができないように予防ができるに越したことはありません。

そこで、妊娠線のおすすめの予防方法を、7つ紹介しましょう。

スポンサードリンク

急激な体重増加は最小限に!生活習慣や食生活に気を付けよう


妊娠線のおすすめの予防方法と言えば、まずは「体重増加を最小限に抑えること」です。

そもそも、妊娠線は皮膚が急激に伸びて、皮膚内部の真皮が表皮の伸びに追いつけず、限界まで伸びて裂けてしまう肌トラブルです。

急激な体重増加を避けることができれば、皮膚の伸びを最小限に抑えて妊娠線を作りにくくすることができます。

妊娠中の急激な体重増加を抑えるためには、生活習慣や食生活に十分気を付ける必要があります。

それで、生活面で心掛けるポイントとしては、「まごはやさしい食事」「1日20分以上の適度な運動」「規則正しい生活リズム」などがあります。

妊娠線のおすすめの予防方法①まごわやさしい食事

急激な体重増加を最小限にするためには、まず「まごわやさしい食事を心掛けること」です。

妊娠中の体重増加はママの健康のためにも、安産のためにも1ヶ月あたり1~1.5㎏に抑えるのが良いとされています。

体重管理でもっともポイントとなるのが、「まごわやさしい」のような栄養バランスの良い食事です。

ま⇒豆類
ご⇒ごま(種実)
わ⇒わかめ(海藻)
や⇒野菜
さ⇒魚
し⇒しいたけ(きのこ)
い⇒いも

和食中心で野菜を積極的に取り入れた食事を心掛ければ、「まごわやさしい」食事になります。

「食事はお腹いっぱい食べないと気が済まない。」と言う場合は、野菜でかさを増してご飯の量を調整しましょう。

また、「野菜(食物繊維)⇒肉・魚(タンパク質)⇒ご飯・パン・麺(炭水化物)」の順に、食事をするのも満腹感が得やすいですよ。

妊娠線のおすすめの予防方法②1日20分以上の適度な運動

急激な体重増加を最小限にするためには、「1日20分以上の適度な運動」も効果的です。

ただ、妊娠初期のうちは無理をすると、流産やトラブルの原因になることがあるので、安定期に入って医師の許可を得てから適度な運動を始めましょう。

妊娠中にできる適度な運動には、次のようなものがあります。

・ウォーキング(安定期以降)
・マタニティビクス(安定期以降)
・スクワットや階段の昇り降り(臨月)

臨月に入る前はできるだけお腹に力の入りにくい運動、臨月に入ったら腰を上下させる運動がおすすめです。

運動中にお腹が張ったり、体調が悪くなったりした時は、一旦運動を止めて休むようにしましょう。

妊娠線のおすすめの予防方法③規則正しい生活リズム

急激な体重増加を最小限にするためには、「規則正しい生活リズム」も心掛けたいところです。

生活リズムが崩れていたり、起きている時間が長かったりすると、つい余分なものを食べてしまいませんか。

妊娠中は体に脂肪を溜め込みやすい時期だからこそ、余分な食欲は寝て忘れるくらいが丁度いいですよ。

また、夜の睡眠中は皮膚の修復に役立つ成長ホルモンが多く分泌されるので、遅くても日が変わるまでに就寝することをおすすめします。

そして、夜の睡眠の不足分は、お昼寝で上手に補いましょう。

スポンサードリンク

妊娠線のできにくいお肌作り!最大限のスキンケアをしよう


妊娠線のおすすめの予防方法として、「最大限のスキンケアを行うこと」も挙げられます。

肌質は体型と同じように人それぞれ違いますし、妊娠線のできやすい肌もあれば、妊娠線のできにくい肌もあります。

もし妊娠線のできにくい肌なら最大限のスキンケアをすれば、妊娠線のできにくい肌を目指すことは可能です。

それで、最大限のスキンケアとしてできることは、「妊娠線専用のクリームを使用すること」「軽いマッサージを行うこと」です。

妊娠線のおすすめの予防方法④妊娠線専用のクリーム

妊娠線のできにくい肌を目指すためのスキンケアの方法は、まず「妊娠線専用のクリームを使うこと」です。

妊娠線のできやすい肌質の特徴は、主に次のようなことです。

・乾燥肌
・硬い肌
・伸びにくい肌

妊娠線を予防するなら、これらとは正反対の肌「潤いと柔軟性があって伸びやすい肌」を目指せば良いのです。

そのために便利なスキンケア用品が、妊娠線専用のクリームです。

妊娠線専用のクリームには保湿性や浸透性に優れていて、スキンケア用品の中ではもっとも皮膚内部にアプローチしやすいです。

妊娠線専用のクリームを使用するタイミングは、朝でかける前と入浴後すぐの1日2回がおすすめです。

それでも乾燥が気になる時は数時間おきにこまめに塗り直すと、だいぶ肌の潤いや柔軟性は変わってくるはずです。

妊娠線のおすすめの予防方法⑤軽いマッサージ

妊娠線のできにくい肌を目指すためのスキンケアの方法として、「軽いマッサージ」も効果的です。

実は妊娠線ができやすいのは乾燥肌だけではなく、セルライトの多い場所もなのです。

セルライトは老廃物が蓄積して燃焼しにくい皮下脂肪で、血行が悪くて柔軟性に乏しい脂肪でもあります。

柔軟性に乏しい皮膚は伸びた時に、裂けてしまうことがあります。

そこで、柔軟性のある妊娠線のできにくいお肌作りのために、リンパマッサージで血行を良くして老廃物の溜まりにくい体を目指すのです。

リンパマッサージの方法は、妊娠線専用のクリームを塗って肌の滑りを良くして、「心臓から離れた場所⇒心臓に近い場所」の順にリンパ節に向かってさすっていくだけです。

リンパは表面に近い部分を流れているので、触れる程度の軽い力加減でも十分リンパを刺激できます。

スポンサードリンク

妊娠グッズを有効活用!妊娠線予防に使えるアイテムは?


妊娠線のおすすめの予防方法として、「妊娠グッズを有効活用する」のも効果的です。

妊娠が分かって安定期までの間に、多くの妊婦さんはベビー用品店に足を運ぶのではないでしょうか。

色々ある妊娠グッズの中でも妊娠線予防に使えるアイテムが、大きくなったお腹を保護するのに使う「腹帯」「ガードル」などです。

妊娠線のおすすめの予防方法⑥腹帯

妊娠線予防に使える妊娠グッズと言えば、まずは「腹帯」があります。

腹帯は安定期から多くの妊婦さんが使い始める妊娠グッズで、腹帯の目的は次のようなことにあります。

・お腹を冷やさない
・膨らんだお腹を固定する
・腰痛を予防する

これらは安産のためにも大切なことですが、妊娠線予防にも大切なことです。

ところで、「お腹の妊娠線は上側よりも下側にできやすい。」などと、よく言いませんか。

お腹の重みも重力には逆らえないので、何もしないでいると重みでお腹が下の方に伸びてしまいます。

ここで、腹帯を使ってお腹を固定しておけば、お腹の下側の皮膚が伸びにくく妊娠線予防になります。

妊娠線のおすすめの予防方法⑦ガードル

 

妊娠線予防に使える妊娠グッズと言えば、「ガードル」もありますよね。

妊娠中は腹帯を使用しても、ガードルは使用しない方も多いでしょう。

妊娠中に使える腹帯もガードルも目的は大体同じですが、ガードルの方が腹帯よりも固定する力が強めです。

お出掛けの機会が多かったり、上の子の育児があったりなどで、体を動かすことが多い方はガードルの方がズレにくくおすすめです。

「妊娠中にできるだけの対策を!」と考えているなら、腹帯とガードルを用意して上手く使い分けるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ


妊娠線のおすすめの予防方法として大きく3つ、合計7つの方法を挙げてみました。

・生活の改善⇒まごはやさしい食事、適度な運動、規則正しい生活リズム
・スキンケア⇒妊娠線専用のクリーム、軽いマッサージ
・妊娠グッズを有効活用⇒腹帯、ガードル

妊娠線ができるのには肌質や体型変化が大きく関係しているので、肌質の面からも体型の面からも対策が必要です。

もっと言うとスキンケアだけでなく、生活面の改善で体内ケアもしておくと、より確実性の高い予防対策になります。

まずはスキンケア、妊娠グッズでの対策を中心に行い、体調に合わせて少しずつ生活を改善していくと良いでしょう。

「スキなし女子」をキーワードに開発された話題のオールインワンクリーム!

・予防もアフターケアにも使用可能なクリーム
・急な体型の変化で肉割れができてしまった
・肌のボコボコ感、引っ掛かりが気になる
・保湿ケアはいろいろと試したけれど満足できていない
・腕や脚を隠すファッションばかりで周りの目が気になる
・全身に使用できる無添加+低刺激処方
・お手入れが難しい部位でも自宅で塗るだけケアが可能

「スキなし女子」をキーワードに開発された肉割れケア商品。
気になる、肉割れや妊娠線にご使用いただけるボディクリームです。
オールインワンクリームなので全身で使用が可能です。

・雑誌掲載+アットコスメでの高評価など

・180日間の満足度返金保証付き
今なら初回限定特別価格!
通常価格6.800円(税別)→1.800円(税別)

ぜひこのタイミングで試してみて下さい!!

スポンサードリンク

予防カテゴリの最新記事